/

この記事は会員限定です

感染症防げ、新薬開発を加速 武田や富士フイルム

[有料会員限定]

製薬各社が世界で広がる感染症対策として新薬の開発に乗り出す。武田薬品工業はデング熱のワクチンを2019年にも発売し、富士フイルムはダニが媒介する感染症で世界初の治験に踏み切る。感染症による死亡者は世界で年600万人に達しており、国境を越えた感染の広がりも深刻だ。国際貢献にもつながることから、開発の動きが活発になりそうだ。

武田は日本でも14年に感染が確認されたデング熱のワクチン「TAK-003」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません