2019年7月17日(水)

ボール任せ 風任せ

フォローする

タイガー42歳、ようやくどん底から復活の予感
ゴルフジャーナリスト 地平達郎

(1/2ページ)
2018/3/1 6:30
保存
共有
印刷
その他

いま、米国のプロゴルフ関係者が、復活の期待を込めた熱い視線をタイガー・ウッズ(米国)に送っている。

約2年間のブランクを経てツアーに戻ってきた今シーズン。初戦のファーマーズインシュランスは23位、ジェネシスオープン(旧ロサンゼルス・オープン)では予選落ちしたものの、ホンダ・クラシックでは優勝争いに食い込みかけての12位。圧倒的な強さを見せつけたかつてとは比べものにならないが、ここ2、3年のどん底状態からのはい上がりを感じさせつつあるからだ。

ジェネシスオープンの予選2ラウンドを同じ組で回ったロリー・マキロイ(北アイルランド)も「満足できないプレーがいくつかあっただろうが、確実に良くなっている」と認めた。

4年以上も勝利から遠ざかる

振り返ってみると、ウッズのゴルフ人生の前半は、あり得ないような飛距離と信じられないような長いパットをねじ込んでくるすさまじいプレーと、その正反対とも思える私生活のスキャンダルや体の故障などのマイナスイメージが混在したものだった。

1996年に名門スタンフォード大学を2年で中退してプロに転向。すぐさま翌97年のマスターズを21歳3カ月の史上最年少記録で優勝した。以来、2008年の全米オープンを32歳で制するまで、わずか12年で14のメジャータイトル(マスターズ4勝、全米オープン3勝、全英オープン3勝、全米プロ4勝)を手中にした。まさに虎か竜かのような勢いを目の当たりにした18勝のメジャータイトル最多記録を持つジャック・ニクラウス(米国)をして「タイガーがボクの記録を更新するのは時間の問題だろう」とまで言わせたほどであった。

誰にも止められないと思われたが、09年の交通事故、10年の離婚騒動あたりからおかしくなった。メジャーで勝てなくなったばかりか、13年のブリヂストン招待の優勝を最後に4年以上もタイトルから遠ざかっている。その間、肩や腰、ひざなどを痛め、2度の手術も経験し、再起不可能だろうとまで噂された。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ボール任せ 風任せ 一覧

フォローする
ペブルビーチ・リンクスを舞台にした1972年の全米オープンで優勝を決め、トレビノ(右)と共に18番グリーンを後にする二クラウス=APAP

 ゲーリー・ウッドランド(35、米国)のメジャー初優勝で幕を閉じた男子ゴルフの第119回全米オープン。舞台となったペブルビーチ・リンクスは、パブリックながら全米オープン開催は今回が6回目という、世界で …続き (6/20)

5本ならバッグもすっきり

 ハーフセットのクラブでゴルフを始められた人が多いのではないだろうか。
 ゴルフ規則で使えるクラブは14本までとされており、初心者はその半分の7本で十分――ということなのだろう。
 40年ほど前、ウッドは …続き (5/9)

マスターズ・トーナメントの初日、名誉スターターを務めるジャック・ニクラウス=APAP

 タイガー・ウッズの、奇跡ともいえる復活優勝で沸き返った2019年のマスターズ・トーナメント。その話題にかき消されたが、4人が出場した日本勢は、3人が決勝ラウンドに残ったものの、松山英樹の32位が最高 …続き (4/24)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。