文明のゆりかご、ナイル川めぐり周辺国対立 グローバルViews
カイロ支局 飛田雅則

2018/3/1 6:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界四大文明の一つを生んだナイル川の利用を巡って、エジプト、エチオピア、スーダンの3カ国の対立が続いている。上流でエチオピアは巨大ダムを建設しており、ダム湖に水がたまれば水量が減り水不足になると下流のエジプトは懸念する。「エジプトはナイルのたまもの」と古代ギリシャの歴史家ヘロドトスの言葉のように、古代から現代に至るまでエジプトはナイル川の水に依存する。ナイル川を巡り周辺国の緊張が高まっている。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]