/

この記事は会員限定です

長崎大、潮流 低速でも発電 低コストの小型装置

[有料会員限定]

長崎大学は小型で低コストの潮流発電装置を開発した。回転する羽根を包むようにカバーを付けて潮流を1.7倍程度に速めることで、毎秒1.5メートル程度の低流速でも発電できる。風を集めて発電効率を高める九州大学の風力発電の技術を応用し、発電効率を5倍にする。

長崎大はこの装置を「レンズ水車」と呼んでおり、対馬沖や壱岐沖など潮流がそれほど速くない離島の分散電源として、2020年にも実用化を目指す。秋にも長崎...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン