2018年11月14日(水)

学校の制服、値上がりの陰に中国の羊毛ブーム

価格は語る
コラム(ビジネス)
(1/2ページ)
2018/3/1 9:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イタリアの高級ブランド「アルマーニ」が監修した標準服の採用で東京・銀座の泰明小学校が話題となっている。同校の標準服は最大で8万円超と高価だが、制服を巡っては昨年11月に公正取引委員会が学校に対して価格を抑える工夫をするように提言をした。実際に制服の価格はこの数年で値上がりしている。背景には中国の羊毛ブームや多品種・少量生産の加速によるコストの増加がある。

「ただでさえ厳しい状況なのにこうしたニュ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報