/

この記事は会員限定です

学校の制服、値上がりの陰に中国の羊毛ブーム

[有料会員限定]

イタリアの高級ブランド「アルマーニ」が監修した標準服の採用で東京・銀座の泰明小学校が話題となっている。同校の標準服は最大で8万円超と高価だが、制服を巡っては昨年11月に公正取引委員会が学校に対して価格を抑える工夫をするように提言をした。実際に制服の価格はこの数年で値上がりしている。背景には中国の羊毛ブームや多品種・少量生産の加速によるコストの増加がある。

「ただでさえ厳しい状況なのにこうしたニュー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1659文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン