/

この記事は会員限定です

豪雪の教訓、危機管理に反映(北陸ウエーブ)

生産・物流情報の共有急ぐ

[有料会員限定]

福井県を中心とする豪雪被害を教訓に、災害時の対応を見直す企業が広がってきた。物流混乱で生産が滞った福井県のパンメーカーはあらゆるモノがネットにつながるIoTを活用し、災害時に可能な生産量を社内で共有できるシステムの開発を進める。連絡体制や燃料調達の工夫も広がる。今回の事態を想定外で片付けまいと将来の災害への備えを手厚くする。

IoTでデータ可視化

大雪で最大1500台の車が立ち往生した国道8号と北陸自動車道の間に位置し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1546文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン