経団連会長、裁量労働制の調査「是正必要」

2018/2/26 22:30
保存
共有
印刷
その他

経団連の榊原定征会長は26日の記者会見で、裁量労働制をめぐる厚生労働省の調査に不備が明らかになったことに関して「ミスの問題はきちんと是正して明確にするのは当然必要だ」と指摘した。実態把握の再調査を念頭に「調査はしっかりやったら良いと思う」と指摘。現状の調査結果とは別の調査が必要との考えを示唆した。

経済界は裁量労働制の対象拡大を求めてきた立場。榊原氏が調査の是正に言及したのは国会で議論を呼ぶ可能性がある。榊原氏は再調査の必要性には直接触れなかったが「ミスは非常に残念で、あってはならないことだ」と語った。

榊原氏は調査の不備と多様な働き方を認める働き方改革関連法案の趣旨は「別問題だ」とも指摘。「法案の本来の趣旨は横に置かれて審議全体が遅れることはあってはならない」と述べて今国会での法案成立が必要との考えを改めて示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]