石川の学生起業、定着途上 資金確保や意識改革カギ

2018/2/26 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

石川県の大学が自治体や企業と組み、学生の起業家教育を本格化して2年がたった。これまでに金沢大学や金沢工業大学の学生計36人が「起業塾」を修了し、地域課題の解決に向けたビジネスの実践では成果が高まってきた。ただ、国の補助金の枠内で塾に取り組めるのはあと2年。継続的な取り組みに発展させるには資金確保に加え、受講後のケア、起業への意識改革など課題が多い。

24日に金沢市で開かれた学生起業イベント「IN…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]