/

この記事は会員限定です

株、続伸も円高懸念が買いの手鈍らす 短期筋も上値追わず

証券部 岸田幸子

[有料会員限定]

26日の東京株式市場で日経平均株価は前週末比260円85銭(1.2%)高の2万2153円63銭だった。前週末の米株高を受けて朝方に333円高まで急上昇したが、その後は伸び悩んだ。米株式相場と比較して日本株の上値が重い理由は、円高進行懸念による2019年3月期の業績低迷リスクと、利益確定売りの増加にある。

「現在の円高基調の理由が論理的に説明できない限り、上値を追えない」(ファイブスター投信投資顧...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1274文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン