/

この記事は会員限定です

前衛は死んだ? 望月京

[有料会員限定]

勤務している大学で、同僚の岡本章先生の最終講義「能を現代に活(い)かす――研究と実践」が開催された。

舞踏や能の影響を受け、前衛的な演出家・俳優として劇団錬肉工房を学生時代に創設、文筆活動も旺盛な先生の半世紀にわたる歩みがふりかえられた後、芸術学科の他の専門分野(音楽、映像、メディア)の教員も加わり「日本の現代芸術における〈伝統と革新〉」と題するシンポジウムが開かれた。

音楽の専門家として私も登壇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン