2019年8月24日(土)

その他スポーツ

16年ぶり日本新 マラソン設楽悠太、独自の調整法実る
東京マラソン2位

2018/2/25 20:30
保存
共有
印刷
その他

観衆が快挙の瞬間に立ち会おうと固唾をのんでレースを見守る。東京駅の駅舎を背にしたとき、「正直記録は狙っていなかった」という設楽悠が初めて日本新記録を確信し、右手を突き上げた。掲示板に刻まれたのは2時間6分11秒。16年も止まっていた時計の針を、26歳が再び動かした。

日本新記録でゴールする設楽悠

日本新記録でゴールする設楽悠

序盤から日本記録を上回るペースで走りながら、中間点まで余力は十分残していた。ペースメーカーが外れた30キロで集団がばらけ、32キロで先頭から遅れ始めて6番手に。それでも焦りはなく、前方を走る井上を追いかけた。38キロすぎで井上を抜き去る形は前回大会と全く逆の展開。「記録より勝負を意識して走った」ことが結果的に好記録につながった。

東洋大時代に箱根駅伝で活躍し、昨秋ハーフマラソンで日本新記録を更新するなど実績を積んできた。常々口にしているのは「30キロ以降は走力ではなく、気持ちの問題」。「日本人は走り込みが足りないと聞くが昔の話。走り込んだからといって、マラソンにつながるとは思わない」が持論で、他の選手が行う40キロ走に取り組もうとはしない。週末にレースを重ねるのが彼なりの調整法だ。そこで駆け引きを覚え、勝負勘を養う。今回、井上に比べて終盤のペースが極端に落ちなかったのは、過去2度のマラソンの経験が生きている。

偉業達成の一方で、優勝には届かなかった。現時点では「あれが僕の限界」というが、一躍、男子マラソン界の先頭に立った。着実に成長の跡をみせるランナーが歩もうとしている先には、さらなる可能性が広がっている。

(渡辺岳史)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

男子ダブルス準々決勝で園田、嘉村組と対戦する保木(左)、小林組=共同

 「先輩たちに勝ったんだ」。マッチポイントが決まると、保木は感情を爆発させてコート上に崩れ落ちた。日本人同士、それも同じチームの先輩・後輩ペアによる対決はフルゲームの激闘の末、保木、小林組に軍配が上が …続き (10:46)

男子ダブルス準々決勝 園田、嘉村組からポイントを奪いガッツポーズする保木(右)、小林組(23日、バーゼル)=共同

 【バーゼル(スイス)=堀部遥】バドミントンの世界選手権第5日は23日、スイスのバーゼルで各種目の準々決勝を行い、女子ダブルスで2連覇を目指す永原和可那、松本麻佑組が昨年3位の米元小春、田中志穂組(と …続き (10:41)

 【バーゼル(スイス)=共同】来年の東京パラリンピックで初採用されるパラバドミントンの世界選手権は23日、スイスのバーゼルで各種目の準々決勝などが行われ、車いすの女子ダブルスで世界ランキング1位の里見 …続き (8:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。