/

左とん平さん死去 名脇役として活躍

共同

俳優の左とん平(ひだり・とんぺい、本名=肥田木通弘=ひだき・みちひろ)さんが2月24日午後3時57分、東京都内の病院で心不全のため死去した。80歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は妻、仁美さん。

東京都出身。1959年にラジオ番組のレギュラーで芸能界デビュー。70年代のヒットドラマ「時間ですよ」や「寺内貫太郎一家」に出演。名脇役としてお茶の間の人気者となった。2017年6月に急性心筋梗塞で手術を受け、闘病生活を続けていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン