2018年9月21日(金)

スペシャル

フォローする

渡辺、米大学バスケで奮戦 NBAにアピール
スポーツライター 杉浦大介

(1/2ページ)
2018/2/26 6:30
保存
共有
印刷
その他

 日本バスケットボール界期待の渡辺雄太の米大学でのキャリアが大詰めに近づいている。全米大学体育協会(NCAA)1部のジョージ・ワシントン大学で4年生を迎え、今季は平均16.0得点、6.5リバウンドの好成績。渡辺が主将を務めるチームはスランプも経験したが、2月に入って調子を上げている。3月のNCAAトーナメントに進出し、大きな目標の米プロバスケットボール、NBA入りに向けてアピールできるか。(記録は2月21日現在)

渡辺は「エース」と呼ばれるにふさわしい働きを続ける=Photo GWsports

渡辺は「エース」と呼ばれるにふさわしい働きを続ける=Photo GWsports

 最上級生になった今季の渡辺は、まさに「エース」と呼ばれるにふさわしい働きを続けている。2017年12月30日以降は15試合連続で2桁得点をマークし、平均得点やリバウンド、ブロックはすべてチーム1位。11月29日、12月3日の2試合では大活躍で連勝に貢献し、アトランティック―10(A―10)カンファレンスの「プレーヤー・オブ・ジ・ウイーク」(週間MVP=最優秀選手)も受賞した。

 「1対1ならどんな相手でも守れると自分では思っている。それが僕の強み」。渡辺本人がそう語る通り、その活躍はオフェンスだけにとどまらない。もともと評価が高かった強固なディフェンスは健在。バスケットボールでは攻守両面で優れた選手を「2ウェイ・プレーヤー」と呼ぶが、今では渡辺は「A―10カンファレンス最高クラスの2ウェイ・プレーヤー」と評されるようになった。

 ゴンザガ大の八村塁と並び、渡辺は「NBAに最も近い日本人」と評されている。その夢に向けてひた走る23歳は4年生にして所属チームの立派な「大黒柱」に成長し、NCAA1部でもトップレベルの選手に成長したといっても過言ではない。

 しかし、渡辺の頑張りにもかかわらず、今季のジョージ・ワシントン大は厳しい時期も経験してきた。昨季の得点源だったタイラー・キャバナー(現在はNBAアトランタ・ホークスに所属)が卒業し、1、2年生が大半という若いチームになった。経験不足ゆえの苦しみを味わい、1月3日~2月3日の9試合で8敗と低迷。勝てないチームの中で我慢に我慢を重ねていた渡辺が、ついに怒りを爆発させたのが3日のデビッドソン大戦だった。

 「成長が見えてきていない」「小学生レベルでも起こしてはいけないミスが出ている」「試合が終わってこんな(悔しい)気持ちになっているのは初めて」「みんなが考え直さないといけない」

渡辺(右)は「1対1ならどんな相手でも守れる」と語る

渡辺(右)は「1対1ならどんな相手でも守れる」と語る

 地元でのゲームで29点差で大敗したあと、いつもは温厚な渡辺は目を真っ赤に染めてそうまくし立てた。ふがいない負け方に失望し、ロッカールームでは人目もはばからずに涙を流したという。「今年のチームには時間が必要」と言い続けた渡辺が開幕直後から胸にしまい続けた思いがついにこぼれ落ちた瞬間だった。

「怒りの涙」がチームの転機

 しかし、今振り返ってみれば、この渡辺の「怒りの涙」がジョージ・ワシントン大にとっての転機となった。

 デビッドソン大戦以降、ジョージ・ワシントン大は5戦して4勝。2月17日のVCU戦では24点差、21日のリッチモンド大戦では26点差でそれぞれ大勝した。ここ数試合ではボールがよく回り、全員がハードにディフェンスをしている。1カ月ほど前とはほとんど別のチームに見えるくらいの好調ぶりだ。

 「みんなの気持ちが変わった。デビッドソン大戦後には僕が声を荒らげ怒って、恥ずかしい話ですが、ロッカールームでしばらく泣いてしまった。チームを引っ張れなかった自分のふがいなさと、実力の変わらない相手に大差で負けたのが悔しかった。ただ、それでみんな少し気持ちを切り替えてくれたのか、今はみんながパスを回して、自己中心的なプレーをしていない。特にディフェンスでも足が動くようになって、チーム状態はすごくよい」

  • 1
  • 2
  • 次へ

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする

 マネジメントやチームワークを学ぶ機会として、スポーツを企業研修に活用する動きが広がっている。筑波大発ベンチャーやスポーツ関連企業が企画し、実践に基づく「組織運営」を学ぶ手法として注目されている。
 7 …続き (9/21)

セリーナの感情の爆発の背景に大坂のプレーがあったのは間違いない=APAP

 大坂なおみ(20、日清食品)の日本勢初の四大大会優勝で、今年の全米オープンテニスは幕を下ろした。その女子シングルス決勝は、史上最多の四大大会24勝目、母親になって初めての優勝を狙っていたセリーナ・ウ …続き (9/14)

場内が騒然としても大坂は最後まで集中力を保ち続けた=APAP

 【ニューヨーク=原真子】テニスの全米オープン第13日は8日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス決勝を行い、第20シードの大坂なおみ(日清食品)が元世界ラ …続き (9/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]