スポーツ > ニュース > 記事

カーリング日本女子、粘って歓喜 初メダル
最後は相手のミス誘う

2018/2/25 1:20
保存
共有
印刷
その他

藤沢は敗戦を覚悟したという。「私の最後のショットが良くなかったので負けたと思った。相手に簡単なショットを残してしまった」。1点リードで迎えた最終第10エンド。先攻のLS北見のスキップ藤沢の2投目はハウス(円)内の手前側にあった日本の石にかすり、狙った位置より前に止まった。円心に最も近いナンバーワンは英国が握ったままだ。

英国戦でショットを放つ藤沢(中)=山本博文撮影

英国戦でショットを放つ藤沢(中)=山本博文撮影

おまけに藤沢のストーン(石)はガードに隠れていない。英国のスキップは、石を外にはじくテークアウトショットが得意なミュアヘッドだ。しかし、勝利が見えて力が入ったのか。日本の石を出すはずが、玉突きが起こり、円心にぽつりと残ったのは日本の石。LS北見の選手たちの涙と歓喜の輪が広がった。

「あと数センチ、石が曲がってくれたら、銅メダルは私のものだったと思う」とミュアヘッド。選手と感激を分かち合った日本のリンドコーチも複雑なコメントを残す。「ミュアヘッドにはダブルテークアウトのチャンスがあった。でも、難しいショットだったよ。彼女には気の毒だが、これがカーリングだ」

英国戦の第9エンド、ショットの行方を見守る藤沢=山本博文撮影

英国戦の第9エンド、ショットの行方を見守る藤沢=山本博文撮影

本来は攻撃的な英国が、石をためない守備的な戦いに徹する予想外の展開。膠着状態の試合が動いたのは第9エンドだ。藤沢の2投は相手のガードの石の裏にきっちり回り込む満点のものだった。ガードの石を使う難しいショットを強いられたミュアヘッドは2投目に失敗、先攻の日本が1点のスチールに成功した。

ショット成功率は藤沢の83%に対し、3度目の五輪となる27歳のミュアヘッドは65%。スキップ対決に完勝といえる内容に「準決勝の韓国戦はすごくいい試合ができた。私のショットが安定していたので自信を持って、自分のフィーリングを信じて投げた」。納得はしているが、不思議な思いは残る。「ほぼ負け試合。信じられない気持ち」。最後の1投は確かに危うかったが、そこは26歳の未完の大器、4年後以降の課題にしてもらおう。

(田中克二)

保存
共有
印刷
その他

平昌へ メダルへの道(雪上編)

平昌へ メダルへの道(氷上編)

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

スポーツニュース 一覧

 神奈川県海老名市の内野優市長は25日、2020年の東京五輪・パラリンピック時に市内の小中学生が会場で観戦できるよう、交通費やチケット代の全額補助を検討していることを明らかにした。定例記者会見で「子ど …続き (25日 22:35)

 神奈川県海老名市の内野優市長は25日、2020年の東京五輪・パラリンピック時に市内の小中学生が会場で観戦できるよう、交通費やチケット代の全額補助を検討していることを明らかにした。定例記者会見で「子ど …続き (25日 22:35)

記者会見で平昌冬季パラリンピックの5個のメダルを見せる村岡桃佳選手(28日午後、東京都千代田区の日本記者クラブ)=共同

 平昌冬季パラリンピックのアルペンスキー女子座位で金を含む5個のメダルを獲得した村岡桃佳選手(早稲田大)が28日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し「5種目全てでメダルを取れるとは思っていなかった。 …続き (28日 19:46)

ハイライト・スポーツ

[PR]