/

不明女性か、スーツケースから頭部発見 大阪民泊監禁

兵庫県三田市の女性会社員(27)が行方不明になり、監禁の疑いで米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者(26)が逮捕された事件で、県警は24日、大阪市西成区内の宿泊施設で人の頭部を発見した。不明の女性の可能性があるとみて、三田署に監禁と死体遺棄事件の捜査本部を設置した。

兵庫県警によると、大阪市西成区で見つかった人の頭部はスーツケースに入っていた。これまでの調べでは、同容疑者は東成区の民泊用の部屋があるマンションに女性を監禁していたとされる。

同容疑者は、18日にマンションを出た後、奈良県内の民泊施設に滞在先を変えたとみられ、兵庫県警が施設周辺で発見。22日に女性への監禁容疑で逮捕した。

捜査関係者などによると、マンション近くの防犯カメラには16日未明、マンション方面に歩く2人とみられる男女が映っていた。一方、マンションの防犯カメラにも、女性が同容疑者と中へ入る姿が記録されていたが、女性が出る様子はなかったという。

女性は写真共有アプリ「インスタグラム」に、同容疑者と待ち合わせしていることを示すとみられる書き込みをしていた。女性の携帯電話の位置情報はマンション付近で途絶えていたという。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン