2019年1月18日(金)

政府調査団が大雪現場視察 国道で車立ち往生、福井

2018/2/24 12:06 (2018/2/24 12:07更新)
保存
共有
印刷
その他

小此木八郎防災担当相を団長とする政府調査団は24日、2月上旬に記録的な大雪に見舞われた福井県を訪れ、多くの車が立ち往生した国道8号の状況を確認した。県庁で西川一誠知事とも面会。災害対応について意見交換する。

大雪で多くの車が立ち往生した国道8号を視察する小此木防災相(中央)ら政府調査団(24日午前、福井県あわら市)=共同

小此木氏は面会に先立ち、積雪でビニールハウス6棟が倒壊した同県鯖江市の農園や、福井市の雪捨て場も視察。

福井市では、7日に147センチの積雪を記録するなど、全国で甚大な被害が出た1981年の「昭和56年豪雪」以来の大雪となった。県内では、国道8号で一時約1500台の車が立ち往生したほか、農業用ビニールハウスが850棟以上倒壊した。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報