2019年9月23日(月)

讃岐キウイ、デニッシュに 日航やJA、香川県と開発

2018/2/23 22:05
保存
共有
印刷
その他

日本航空と香川県、県農業協同組合(JA香川県)は県オリジナル品種のキウイフルーツを使ったデニッシュパンを開発した。3月限定で東京・羽田空港にある日航ラウンジで提供する。フランスパン専門店「メゾンカイザー」の関東や関西の直営22店でも販売してアピールする。

「香緑のデニッシュ」は販売用(右)と、JALラウンジ用の一口サイズがある

秋から春にかけて出荷のピークとなるキウイ「香緑(こうりょく)」をふんだんに使ったピューレをパンにのせた。大玉の香緑は鮮やかな緑色をしており、甘みと酸味のバランスが特徴という。

メゾンカイザーでは1個300円(税別)で販売する。売り場では香川オリジナル品種であることをPRする。羽田空港のJALダイヤモンド・プレミアラウンジでは一口サイズにして、1万食を無料提供する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。