/

この記事は会員限定です

中部で在宅勤務広がる 日特も導入、人材確保狙う

(働き方改革最前線)

[有料会員限定]

中部の企業で在宅勤務の導入が広がっている。日本特殊陶業が1月、パソコン作業を伴う社員を対象に制度を導入。子育て中の社員らが働きやすい環境を整える。中部ではトヨタ自動車などの先行企業に加え、百五銀行もこのほど試行を始めた。製造業を中心に業績好調な企業の多い中部では人手不足が深刻化しており、人材を確保するため雇用環境の改善を急ぐ。

日特の在宅勤務の対象者は営業や人事、企画など幅広く、日特単体の社員約6500人の6割ほどが含まれる。育...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン