/

この記事は会員限定です

大林組、「傍流」新社長が担うポスト五輪

証券部 大西康平

[有料会員限定]

「蓮輪さん?全く知らんな」。1月下旬の日本建設業連合会の新春懇談会でのこと。あるゼネコン大手トップは素っ気なくコメントした。

「蓮輪さん」とは、3月1日付けで大林組の社長に就任する蓮輪賢治取締役専務執行役員(64)のこと。強制捜査を受けたリニア中央新幹線の建設工事を巡る談合事件で、白石達現社長が事実上の引責辞任をする後を継ぐ。現在は主に再生可能エネルギー事業を担っており、業界内での知名度は高くない。本業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1184文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン