速報 > 人事 > 記事

大日本住友、新社長に野村氏発表

2018/2/23 18:50
保存
共有
印刷
その他

大日本住友製薬は23日、野村博・代表取締役専務執行役員(60)が4月1日付で社長に昇格する人事を正式発表した。多田正世社長(73)は代表権を持つ会長に就任する。野村氏は親会社の住友化学出身で、大日本住友に移った後は米国子会社の幹部などを務めた。新薬開発と海外事業を伸ばす成長戦略を引き継ぐ。

東京都内で記者会見した多田正世社長は野村氏について「何より高い学習能力がある」と評価。野村氏は「日本、北米、中国を中心に事業を広げる」と語った。iPS細胞などの再生医療事業も育てる。

野村氏は住友化学時代から経理や財務部門の経験が長く、08年に住友化学から転籍。09年に買収したサノビオン(旧セプラコール)の最高財務責任者として出向した。買収先では抗精神病薬「ラツーダ」の開発・販売を推し進め主力製品に育て上げた。

野村 博氏(のむら・ひろし)81年東大経卒、住友化学工業(現住友化学)入社。12年大日本住友製薬取締役、16年専務執行役員、千葉県出身。60歳

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ速報トップ



[PR]