中国ITを誘致 香港取引所、「種類株」解禁へ最終案
夏にも第1号が上場

2018/2/23 23:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

香港取引所は23日、普通株より議決権の多い「種類株」を発行するなど特殊な統治構造を持つ企業の上場ルールの最終草案を発表した。創業者が強い権限を握る中国のハイテク企業の誘致を強化し、市場の活性化につなげる狙いだ。4月下旬に申請の受け付けを始め、2018年夏には第1号の上場案件が誕生する見込み。一部の中国企業は規制緩和をにらみ上場準備を加速しているが、投資家保護には課題も残されている。

「発行企業な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]