エブリセンス、2億5千万円調達 インテージ系などから

2018/2/26 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」で集めたデータの流通市場の整備を手掛ける米エブリセンス(カリフォルニア州、真野浩最高経営責任者=CEO)が調査会社のインテージ系のファンドなどを引受先とする第三者割当増資で約2億4700万円を調達した。調達資金は、ビッグデータ流通市場の開発や拡充に充てる。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムや

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]