/

NEM流出、警視庁が捜査本部設置へ

仮想通貨交換会社コインチェック(東京・渋谷)から約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)が流出した問題で、警視庁は23日、生活安全部長をトップとする捜査本部を26日付で設置することを決めた。サイバー犯罪対策課を中心に仮想通貨技術に詳しい捜査員ら約100人を集め、全容解明を目指す。

同庁は既にコインチェックから同社システムの通信記録(ログ)などの提供を受け、流出の経緯を調べている。流出の数日前に海外のサーバーから不審な接続が複数回あったことを確認。何者かが侵入した可能性があるとして、不正アクセス禁止法違反容疑などを視野に捜査している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン