/

この記事は会員限定です

都道府県18年度予算案、2年連続減 法人2税は35都道府県で増収

[有料会員限定]

都道府県の2018年度予算案が23日出そろった。知事選のため骨格予算の石川県と京都府を除いた45都道府県の合計は49兆5968億円と17年度当初予算案に比べて1.6%減った。復興費用の減少や教職員人件費の政令市移管などで2年連続のマイナス。ただ企業収益の改善に伴って法人2税は6.6%増で35都道府県が増収を見込み、積極的な予算を組む自治体も目立つ。

減額予算は29道府県。東日本大震災からの復興予算...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り523文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン