おいしい健康、患者向け献立をAIが提案 専用アプリ開発

2018/2/26 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

献立レシピサイト運営のおいしい健康(東京・中央、野尻哲也社長)は病気を持つ人やダイエット中の人などを対象に最適な献立を提案するスマートフォン(スマホ)向けアプリを開発した。利用者らが個人データを入力すると、食事摂取基準を算出し管理栄養士が監修したレシピの中から献立を作成する仕組み。製薬会社や食品メーカーなどと組み、食事管理支援との連携も図る。

26日から米アップルのiOS向けアプリの提供を始める…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]