/

この記事は会員限定です

AI起業家生む「松尾塾」 現役東大生にも挑戦促す

スタートアップ#東京大学(中)

[有料会員限定]

米シリコンバレーがグーグルなどを生んだように「本郷バレー」からも人工知能(AI)を駆使したスタートアップ企業が生まれている。その核となっているのがAI研究で著名な松尾豊特任准教授(43)の研究室、人呼んで「松尾塾」だ。

AIを動かすアルゴリズム(計算手法)を開発するPKSHA Technology(パークシャテクノロジー)の上野山勝也社長(35)は松尾氏の研究室で博士号を取得した。

「IT(情報技術)で社会にインパクトを与えたい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1190文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン