/

フィギュア女子2選手、地元も応援 「力出し切って」

平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子フリーが行われる23日、メダル獲得が期待される京都市出身の宮原知子選手(19)と神戸市出身の坂本花織選手(17)の地元では住民らが応援した。

宮原選手を応援しようとPV会場に集まった住民ら(23日午前、京都市中京区)

NHK京都放送局(京都市中京区)ではパブリックビューイング(PV)があり、開場した午前10時ごろからファンらが続々と会場に集まった。各国の選手の演技が始まると競技の映る画面から目を離さず、演技が終わるたびに拍手が鳴った。

坂本選手の応援に駆け付けた地元住民ら(23日午後、神戸市長田区)

宮原選手は21日のショートプログラム(SP)で4位の好位置につけた。京都市右京区の無職、大菅昇さん(61)は「SPは自宅で観戦したが、メダル獲得の可能性もあり今日は大勢で京都からエールを送りたい。自分の演技に集中してベストを尽くしてほしい」と話した。

坂本選手が通う神戸野田高校(神戸市長田区)に近い新長田1番街商店街でも23日、商店街前に置かれたテレビを見ながら買い物客らが応援した。

商店街には五輪への出場を祝う横断幕が掲げられている。カメラ店主の小谷裕二さん(58)は「SPの勢いのまま、フリーでもミスなく思い切り滑ってほしい」とメダル獲得に期待をかけ、同区の主婦(43)は「笑顔がかわいらしくて好感が持てる。最後まで悔いなく力を出し切って」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン