青森・下北半島、凍える経済 原子力関連停止響く
震災から7年 六ケ所村は活況

2018/2/25 21:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

原子力施設が集積する青森県下北半島で、運転停止や建設中断が続き、地元企業などが危機感を募らせている。間もなく東日本大震災から7年になるが、建設中の原発などは新規制基準に基づく安全審査が長引き再開のめどが立たない。ただ、他の原発立地地域と違い使用済み核燃料再処理工場という下北にしかない施設があり、新基準に対応するための追加工事といった特需もある。

■原発工事期待し、借金でホテル開業

「年金は全部、借…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]