/

この記事は会員限定です

若き発想「迷路のまち」刺激(時流地流)

[有料会員限定]

◆瀬戸内海に浮かぶ香川県小豆島の土庄町(とのしょうちょう)には、路地が複雑に入り組んだ独特の町並みが残る。南北朝の動乱のなごりとも、海賊から島民を守るためともされ、懐かしい風情が漂う。一帯を「迷路のまち」と名付け、地元が町歩きを誘う案内図の作製などを推進してきた。

◆町に訪日客を含む観光客をもっと呼び込み、地元が潤う仕掛けができないか。地域活性化に取り組む香川大学経済学部の学生グループ「なえどこ」が町...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り621文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン