2019年6月17日(月)

プレ金1周年「参加まだまだ」 経産相「粘り強く」

2018/2/23 11:08
保存
共有
印刷
その他

毎月末の金曜に会社からの早帰りを促す「プレミアムフライデー(プレ金)」を始めて1周年となる23日、経済産業省や経団連でつくる推進協議会が都内でイベントを開いた。

経団連の石塚邦雄副会長はあいさつで、期間中の月平均で11.2%の人が通常より早い時間に退社したとの調査結果について「認知度は非常に高いが、参加度はまだまだ」と指摘。2年目は「(早帰りで)自己研さんや健康増進を通じ、新しい自分を発見していただきたい」と訴えた。

プレ金は2017年2月、伸び悩む個人消費の活性化のため消費喚起策として開始。月末では忙しく参加が難しいとの声を受け、10月からは月末にこだわらず柔軟な参加も推進している。世耕弘成経産相は23日の閣議後の記者会見で「粘り強く何年も続けていくことで浸透させることが重要」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報