2018年12月12日(水)

ラム樽熟成ビール サンクトガーレン

2018/2/22 22:00
保存
共有
印刷
その他

地ビール製造のサンクトガーレン(神奈川県厚木市)は25日、ラム酒の樽(たる)で熟成したビール「インペリアルチョコレートスタウト ナインリーヴズ バレルエイジ」を発売する。ビターチョコレートのような味わいの濃厚な黒ビールをラム樽で約1年間熟成させることで、ドライフルーツのようなラムの風味が加わったという。

ラム樽で約1年間熟成させた(神奈川県厚木市)

1樽分しか作っていないため、同社製品を扱っているビールバー限定とする。ボトル詰めの商品は販売しない。25日は東京・神楽坂の地ビールダイニング「ラ・カシェット」のイベントで提供。その後は同社ホームページに販売店を載せる。

欧米ではビールをウイスキーやワインの樽で熟成させたビールが一定の人気を集めている。同社によると、ラム樽熟成のビールは国内初という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報