/

東京都台東区の旧東京音楽学校奏楽堂、11月に開館

東京都台東区は11月、現在改修中の旧東京音楽学校奏楽堂を開館する。1890年に東京音楽学校(現東京芸術大学音楽学部)の校舎として建てられた国指定の重要文化財だ。2015年5月から進めてきた改修工事を18年6月に終える。オープンを記念してコンサートも計画している。

区は約8億4000万円を投じて耐震補強をしたほか、経年劣化した外壁や窓ガラスなどを補修した。コンサート用としては日本で最も古いパイプオルガンも修復。2階の音楽ホールは客席を28席減らし310席とし、1席あたりの幅を広めて快適性を高めた。

奏楽堂の音楽ホールは滝廉太郎がピアノを弾き、山田耕筰が歌曲を歌った舞台だ。同区が同大から譲り受けて1987年に上野公園内に移築し、コンサートホールとして貸し出しもしてきた。服部征夫区長は「生きた文化財として活用したい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン