/

千葉興銀、地方創生事業向けの新融資制度

千葉興業銀行は地方創生につながる事業に絞った融資制度を導入した。担保より事業の成長性を重視するのが特徴で、創業間もないベンチャー企業や新規事業でも資金を借りやすくなる。

地方創生融資「ふる活」と銘打ち、取り扱いを始めた。自治体や学術機関、商工会などと連携して実施する事業で、地域活性化に結びつく事業計画であることが条件。地域活性化に向けた数値目標の設定も求める。同行の本部で分野ごとに中小企業の経営に精通した行員が融資先のコンサルティングを手がける。

地方創生の看板を掲げた商品の新設で、事業者が融資の申請をしやすくする狙いもある。

同行は第1号案件として、新規事業のコンサルティング会社「新閃力」(千葉県流山市)への融資をこのほど実行した。融資額は非公表。子供を持った働く女性を支援するための共有オフィスの開設事業に充てる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン