新潟の木村綿業、寝具で独自性 機動力生かし商品供給
老舗の研究

2018/2/22 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

木村綿業(新潟市)は創業から100年以上たつ寝具メーカーだ。綿作りで創業し、高度経済成長の波にのって布団で事業を拡大した。べッドの普及など生活の洋風化で試練を経験したが、販売店が希望するブランドや仕様で商品を作る機動力や、独自性あるデザインを売り物に存在感を発揮している。

現在、経営のかじ取りを担うのは、2014年に就任した創業家の木村裕子社長と妹で商品開発を担当する石田裕紀子専務。新戦略として…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]