/

この記事は会員限定です

データ資源活用本格化、三菱商事系「ポンタ」

競合店の購買データを加盟企業に提供

[有料会員限定]

自社サービスの枠を超えて消費者のデータを得て、ビジネスに活用する動きが広がってきた。共通ポイント「ポンタ」を運営する三菱商事系のロイヤリティマーケティングはポンタの加盟企業に対し、競合店を利用した消費者の買い物データを提供するサービスを始める。品ぞろえなどに役立ててもらう。中国・アリババ集団など海外勢が先行するデータ資源活用が日本でも進みそうだ。

ロイヤリティマーケティングは小売店の支援事業を手掛けるソフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン