/

この記事は会員限定です

シャープ、中国・海信への訴え取り下げ

米州でのブランド買い戻し交渉が前進へ

[有料会員限定]

米州での液晶テレビの商標使用権を巡り、シャープがライセンス供与先の中国電機大手の海信集団(ハイセンス)グループを相手に米連邦裁判所や米国際貿易委員会(ITC)に販売差し止めなどを求めていた訴えを取り下げたことが22日までに分かった。シャープは商標使用権の買い戻しを求めており、対決姿勢が軟化すれば両社の交渉が前進する可能性がある。

シャープは経営不振を受けたリストラ策の一環として2015年に北米でのテレビ事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン