2018年11月13日(火)

「鉄の団結」15年前の綻び 自民派閥と壊れた茶碗

永田町アンプラグド
コラム(経済・政治)
(1/2ページ)
2018/2/23 7:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党元幹事長の野中広務が1月26日、死去した。野中が幹部を務めた平成研究会(現在は額賀派)の分裂騒動が重なり、15年前を思い出した。2003年9月、当時の首相、小泉純一郎が大差で再選した自民党総裁選は、同派の前身である橋本派を分裂に追いやった。小泉から「抵抗勢力」と呼ばれた野中は、同派のもう一人の実力者で小泉支持に回った参院幹事長、青木幹雄と激しく対立し、敗れた。

■参院、抗争の引き金に

額賀派…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報