/

この記事は会員限定です

有害物質を濃縮 微小プラスチック、海洋汚染の要因に

[有料会員限定]

「マイクロプラスチック」と呼ばれる微小なプラスチックごみによる海洋汚染が深刻化している。海中の有害物質が付着しやすく、生態系や人間の健康への悪影響が懸念されるためだ。人が住まない南極近くの海や、各地の魚や水鳥の体内からも見つかるなど、世界的に汚染が広がる。先進国などでプラスチック包装の削減など発生を抑える取り組みが進むが、大発生源の中国やインドネシアなどを巻き込んだ対策が必要だ。

マイクロプラス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン