国分、りゅうせきと資本業務提携

2018/2/22 15:03
保存
共有
印刷
その他

食品卸大手の国分グループ本社は22日、石油販売のりゅうせき(沖縄県浦添市)と資本・業務提携すると発表した。3月30日をめどにりゅうせきの100%子会社で低温物流を手掛けるりゅうせき低温流通(那覇市)の発行済み株式の66.6%を取得し、沖縄県内での食品物流で協業する。

国分グループ本社はりゅうせきと資本業務提携する(写真は、建設予定の物流センターの外観イメージ)

2019年秋をめどに浦添市に共同の物流センターを新設する。庫内業務の一部を自動化する設備なども導入し、運営効率を高める。出資額は非公表。

国分は傘下の国分九州(福岡市)が那覇市に支店を置き、沖縄県内でも事業を展開してきた。りゅうせき低温流通との協業に取り組むことで物流網を強化する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]