/

米ツイッター、複数アカウントから同内容の投稿禁止

米ツイッター社は21日、自動投稿などの方法を使用し、同じ内容の投稿を複数のアカウントから行うことを禁止すると発表した。ツイッター上で「ボット」と呼ばれる自動投稿アカウントなどを通じ、誤った情報やフェイクニュースが拡散しているとの批判への対応とみられる。

仕様変更により、同じ内容やきわめて内容が似ている投稿を、手動や自動で複数のアカウントから投稿したり、転載したりする行為が禁じられる。このようなサービスの提供者には3月23日まで猶予期間を与え、守られない場合はサービス停止やアカウントの凍結処置がとられる。

天気の情報や、地震の情報など緊急性の高い情報を流すサービスなどは制限されない。

ツイッターは今回の仕様変更について「選挙など、ツイッター上で行われている重要な会話を標的とする悪意ある行為を排除するための重要な一歩だ」としている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン