スポーツ > ニュース > 記事

16歳岩渕、挑んで4位 スノボ女子ビッグエア
大技、着地乱れ無念

2018/2/22 13:50
保存
共有
印刷
その他
 新種目のスノボード女子ビッグエア決勝が行われ、岩渕麗楽(キララクエストク)が合計147.50点で4位、藤森由香(アルビレックス新潟)が122.75点で7位、鬼塚雅(星野リゾート)が119.00点で8位だった。

表彰台が懸かった3回目。岩渕は逆転を狙って149センチの小さな体を投げ出した。軸をずらしながら縦2回転、横3回転する「バックサイドダブルコーク1080(BDC10)」の高さは十分。コマのように回ったが、「回転数が足りず着地に余裕が持てなかった」。後方に傾いて尻餅をつき、女子日本勢最年少のメダルは露と消えた。

岩渕の2回目のエア=山本博文撮影

岩渕の2回目のエア=山本博文撮影

健闘でも悔しさの残る4位だ。金メダルに輝いたガサーら、世界でも数えるほどしかできないこの技を成功していれば、銅メダルには十分手が届いた。昨年12月、驚きの初優勝を飾った米国でのワールドカップ(W杯)で実戦で初挑戦し、手をつきながらも決めている。今年1月のプロ最高峰の「冬季Xゲーム」では着地まできれいに決めて銀メダル。精度を上げ、五輪でも当然成功を見込んでいた。

「公開練習では着地を合わせられていたのに、本番でミスしたのは自分のダメなところ」。言い訳はしなかったが、平昌のジャンプ台がXゲームよりやや小さめだったのも影響したか。滞空時間に余裕が持てず、気持ちに焦りが出てしまった。

1回目は逆足の構えからの2回転半を難なく決め79.75点で4位。本来は2回目でBDC10の"関門"をクリアし、最後は女子ではほとんど成功例のない、バックサイドと逆方向に回る「フロントサイド」のDC10で金や銀のメダルを狙う手はずだった。しかし、手をついた2回目の失敗で軌道修正を余儀なくされ、3回目の再挑戦も失敗。ほろ苦い、ちぐはぐな結果になってしまった。

小2からジャンプ台を飛び始め、エアマット施設で磨いたジャンプのキレは大きな可能性を見せた。「考え方がアバウト」というさっぱりした性格も、度胸が欠かせないこの種目に向いている。昨年9月にW杯デビューしてから駆け足で階段を上ってきた16歳は「4年後に挑戦するときはもっともっとレベルアップしたい」。悔しさを糧に、北京五輪には一回り大きくなって戻ってくる。

(西堀卓司)

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スポーツニュース 一覧

 神奈川県海老名市の内野優市長は25日、2020年の東京五輪・パラリンピック時に市内の小中学生が会場で観戦できるよう、交通費やチケット代の全額補助を検討していることを明らかにした。定例記者会見で「子ど …続き (25日 22:35)

 神奈川県海老名市の内野優市長は25日、2020年の東京五輪・パラリンピック時に市内の小中学生が会場で観戦できるよう、交通費やチケット代の全額補助を検討していることを明らかにした。定例記者会見で「子ど …続き (25日 22:35)

記者会見で平昌冬季パラリンピックの5個のメダルを見せる村岡桃佳選手(28日午後、東京都千代田区の日本記者クラブ)=共同

 平昌冬季パラリンピックのアルペンスキー女子座位で金を含む5個のメダルを獲得した村岡桃佳選手(早稲田大)が28日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し「5種目全てでメダルを取れるとは思っていなかった。 …続き (28日 19:46)

ハイライト・スポーツ

[PR]