/

西友、500品目を平均7%値下げ 価格凍結は3カ月に短縮

西友は22日、食品を中心とした約500品目を平均で約7%値下げすると発表した。2015年から導入している売価を同一に保つ「プライスロック」の対象期間を6カ月から3カ月に短縮したうえで、値下げ商品を含めた品目数を約3000と8割増やす。

22日から、約340ある西友の全店で始める。西友は断続的に値下げやプライスロックを進めてきており、15年から数えて今回で13回目となる。葉物野菜など生鮮食品が高騰している状況を踏まえ、消費者の節約志向に対応する。

スーパーでは一部の企業で購買頻度が高い商品についての値下げが活発化しており、イオンや同社傘下のダイエーが積極的に取り組んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン