/

クラシエ製薬、社長に中嶋常務が昇格

クラシエ製薬は22日、中嶋洋一常務執行役員(59)が3月28日付で社長に昇格する人事を固めた。古市貞雄社長(64)はクラシエホールディングスの顧問に就く。新しい経営体制で成長分野の漢方の事業を拡大する。中嶋氏は医薬の事業部長を長く務めており、医療機関との人脈を生かす。

◇クラシエ製薬

中嶋 洋一氏(なかしま・よういち)81年(昭56年)名城大商卒、85年カネボウ薬品(現クラシエ薬品)入社。15年、クラシエ製薬常務執行役員。愛知県出身。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン