2019年8月21日(水)

スペシャル

フォローする

フィギュア女王へ至高の戦い 23日にフリー
SPは自己ベスト続出

(1/2ページ)
2018/2/22 2:30
保存
共有
印刷
その他

30人によるフィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)が行われ、ともに初出場の日本勢は19歳の宮原知子(関大)が自己最高を塗り替える75.94点で4位、17歳の坂本花織(シスメックス)も自己ベストの73.18点で5位につけた。今季のグランプリファイナル優勝の15歳、アリーナ・ザギトワ(OAR)が82.92点の世界歴代最高をマークして首位に立った。世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ(OAR)は自己最高の81.61点で2位。昨季世界選手権2位のケイトリン・オズモンド(カナダ)が78.87点で3位。上位24人が23日のフリーに進んだ。

4位宮原、雪辱の連続3回転

団体に続いて目立ったミスはなく、最後まで流れるような演技だった。しかし、団体の時のような演技後のガッツポーズはない。自分の手応えと違い、団体では冒頭の3回転ルッツ―3回転トーループが回転不足をとられた。今回も映像レビューがかかっていた。

女子SPで演技する宮原=山本博文撮影

女子SPで演技する宮原=山本博文撮影

「70点とれればいいな」。団体より1点ほど高めの予想をしていた得点は75.94点。回転不足はとられず、自己ベストを1年2カ月ぶりに1.3点更新し、「やっと75点が出ました。すごくうれしい」と喜んだ。

1年前、股関節を疲労骨折した影響か、ジャンプの高さが出ず、以前のように回ったつもりでも回転不足になった。年明けから急ピッチで仕上げていたが、団体では微妙なところをことごとく回転不足にされた。

ここで痛い目にあったのが良かったのだろう。一度日本で練習して戻ってくると、回転不足は激減していた。

この日も「6分練習ですごくいいイメージがあった」。本番は力が入り、冒頭の3回転ルッツを降りた時の記憶がない。「次の3回転トーループのことばかり考えていた。こっちはバンと降りたと思った」。いい感触はあった。ただ、ジャンプに気を取られすぎたか、「最後まで緊張しているのを感じた。団体の方がノビノビ滑れたかな」。演技後に爽快感はなかったから、得点が出るまで落ち着かなかった。

五輪のメダルがほしい。最終グループで滑った仲間の思いは一緒。「みんな気合が入っている。今まで頑張ったことをすべて出したい」。最も小柄な宮原だが、一歩も引くつもりはない。

5位坂本、鮮烈ジャンプ

女子SPで演技する坂本

女子SPで演技する坂本

よほど緊張していたのだろう。演技を終えた坂本は、ガッツポーズが出たものの、どこか目が泳いでいた。

「出だしで1歩進んだ瞬間つまずいた。うん?と思って、気持ちが楽になった」と坂本。SPではジャンプを全て基礎点が1・1倍になる演技後半に集めているのも、緊張がほぐれるためにはよかったかもしれない。

SPはベートーベンの「月光」。ゆっくりなメロディーに合わせて、スピンをし、ステップを刻む。体がほぐれたところで後半はスタート。一転、アップテンポになったピアノの旋律に合わせて、坂本は鮮やかに3回転フリップ―3回転トーループを決めた。残り2つのジャンプも危なげなく、スピン、ステップの取りこぼしもなかった。

自己ベストを更新する73.18点に、「やってきたことが認めてもらえた」と大喜びだ。演技構成点は全体の8位だが、すべてのジャンプで加点がつき、連続ジャンプは1・4点とメドベージェワと同じ。「そういうところ(技術点)でしか点が稼げんから」と、強みを熟知して高得点につなげた。

滑走順も恵まれた。上位陣が登場し始める第4グループの第1滑走。団体では前滑走者の好演技に「気持ちが揺れてしまった」が、今回はその心配はなかった。さらに緊張に備え、団体戦後に日本に戻って特訓した効果もあった。「内容は内緒。体を動きやすくした」

3位と5.69点差。メダルの可能性を聞かれると、「30%、いや20%かな。まだまだ上の人と戦えるレベルじゃない」と言いながらも、まんざらでもなさそうだった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
5種目に出場したものの、メダル1つに終わった森井=共同共同

 アルペン5種目すべてに出場し、銀メダル1つに終わった。5大会連続出場で5個目のメダル(銀4、銅1)を獲得したものの、またも手が届かなかった金メダル。森井大輝(トヨタ自動車)は「(金は)なかなか近くて …続き (2018/3/18)

表彰式で金メダルを手に笑顔の成田=横沢太郎撮影

 パラリンピックでは夏冬の両大会に出場した「二刀流」選手が少なくありません。
  今大会の日本選手団にもいますか。
  2人います。スノーボード男子の山本篤選手は2008年北京、16年リオデジャネイロ …続き (2018/3/17)

新潟県三条市で自作のスレッジとブレードホルダーを手にする田辺専務(右)

 「下町ボブスレー」に続き、「雪町スレッジ(そり)」もデビューならず――。モノ作りにたけた新潟県三条市の中小企業が製作し、平昌パラリンピックに出場する日本のパラアイスホッケー選手に提供したそり。雪深い …続き (2018/3/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。