/

1月の免税売上高、過去最高に 関西の百貨店

日銀大阪支店が21日発表した1月の関西地域の百貨店の免税売上高は前年同月比60.6%増の106億7200万円で、3カ月ぶりに単月としての最高額を更新した。15カ月連続で前年実績を上回った。

免税件数は45.9%増の15万2358件だった。前年に1月だった春節の休暇期間が2月にずれ込んだものの、関西を訪れて買い物をする訪日客は増加した。

日本百貨店協会が同日発表した1月の近畿地方(福井県含む2府5県)の百貨店売上高は前年同月比1.5%増の1271億円。地域別では訪日客増の恩恵を受けた大阪が7.4%と全体をけん引。一方で京都が0.3%減、神戸が2.2%減と地域差が目立った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン