2018年6月18日(月)

パックご飯工場拡張 ウーケ、生産能力1.5倍 富山・入善町

2018/2/21 21:31
保存
共有
印刷
その他

 コメ卸最大手、神明(神戸市)の子会社で、無菌包装米飯(パックご飯)を生産するウーケ(富山県入善町)は21日、パックご飯の生産能力を1.5倍の年1億2900万食に引き上げると発表した。富山入善工場を拡張する。総投資額は約33億円で、新規に20人を採用する。高齢者や共働き世帯を中心に拡大の続く需要に対応する。

 富山入善工場に隣接する約2万8100平方メートルの土地を追加で取得し、総敷地面積は約5万2600平方メートルとする。増設する新工場は4月に着工し、2019年4月に生産を開始する予定だ。完成すれば新たに年4300万食の生産が可能になる。主力の1個200グラムの製品を中心に生産する。

 ウーケの担当者は手軽にごはんが食べられる点が評価され「学生からお年寄りまで幅広い世代で人気が高まってきた」と話す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報