/

この記事は会員限定です

埼玉県、脳梗塞患者の治療迅速化へ新体制

[有料会員限定]

埼玉県は、脳梗塞の患者を迅速、円滑に受け入れて治療するため、県内の医療機関と消防機関が連携する「埼玉県急性期脳梗塞治療ネットワーク」(SSN)を立ち上げた。脳梗塞は発症から治療開始までの時間が短いほど元の生活に戻れる可能性が高い。受け入れ可能な最も近い病院を救急隊が把握し、短時間で搬送する仕組みを構築し、助けられる人を増やす。

脳の血管に血栓が詰まる脳梗塞は、発症から4時間半以内に血栓を溶かす薬を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン