2018年9月26日(水)

米久、時短需要開拓 レンジ総菜一挙に7商品投入

2018/2/21 22:30
保存
共有
印刷
その他

 食肉大手の米久は電子レンジで調理できる総菜の数を増やした。このほどハンバーグや具入りパスタ、パンやギョーザなどといった新商品を7品目発売した。フライパンや鍋を使わずに食べられる品目を増やし、共働き世帯など調理の時間短縮需要に対応する。

レンジで加熱しすぐ食べられることをアピールする

 「レンジですぐうま 肉を味わうハンバーグステーキ」(税別300円)は既存のハンバーグ商品を刷新して投入した。デミグラスソース味は赤ワインなど2種類のワインを使ってコクを高めた。和風ステーキソース味もある。甘酢だれとあわせた肉団子も売り出す。3品で年3億円の売り上げを目指す。

 新分野の開拓にも力を入れ、チキンやチーズなどを小型のパンに詰めた「スナックまん」(同780円)を2商品発売。レンジで加熱して食べられる手軽さで、朝食需要を開拓する。イタリア料理の「ラビオリ」(同)も売り出した。

 各社の競争が激しいギョーザ分野では、あらかじめ焼き目をつけ、電子レンジで加熱して食べる「温めるだけ!焼き済み餃子」(税別580円)を発売。従来はフライパンで調理するのが一般的だった。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報