2019年8月19日(月)

秋田内陸線、外国人団体客2万人突破 17年度

2018/2/21 22:00
保存
共有
印刷
その他

秋田内陸縦貫鉄道(秋田県北秋田市)は、2017年4月以降「秋田内陸線」を利用した外国人団体客数が2万人を突破したと発表した。大半が台湾からの観光客で、17年度は最終的に2万2千人に達する見通しだ。個人客や国内観光客も増えており、通勤通学以外の乗降客数は前年を上回る好調が続いている。

同社によると、紅葉シーズンの10~11月の2カ月間だけで外国人団体客約9200人が乗車した。今月16日に2万人を超え、来月の予約も順調に入っている。売り込みを強化している台湾だけでなく、韓国やタイ、中国からの団体客も伸びた。10月にオーストラリア、11月にマレーシアから初の団体客を迎えた。

秋田内陸線の海外団体客数は東日本大震災があった11年度の1744人を底に毎年増えている。16年度に初めて1万人を超え、過去最高の1万5526人になった。外国人団体客が全体の好調をけん引している。

通勤通学を除いた客数全体は17年4月に前年同月比4%増となり、14年4月以来3年ぶりに前年を上回った。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。