/

この記事は会員限定です

重要特許、3カ月で判定 特許庁新制度、裁判なしで

[有料会員限定]

特許庁は4月にも、通信分野などで標準規格に準じた製品を作る際に必要となる「標準必須特許」の判定制度を始める。これまでは同特許に該当するかを巡って企業間で訴訟に発展する場合、裁判所に最終的な判断を委ねていた。法的拘束力はないものの、特許庁が3カ月程度で判定する制度を導入することで、企業の訴訟リスクを軽減する狙いがある。

標準必須特許の登録はこれまで企業による自己申告だったため「本当は標準必須特許では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り484文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン